2005年05月24日

フェリー情報[その2]

フェリーの2種類目は、香港島の上環にあるフェリーターミナルから出航しているもので、香港→マカオもマカオ→香港も基本的に24時間運行しているものです。
移動時間は1時間程度で、乗り心地は悪くありません。
今回はマカオから香港への移動の際に利用しました。

香港からの飛行機が朝8時ということもあり朝の4時発のフェリーに乗ったのですが、これが予想をはるかに越え満席でした。
当初は時間も早朝ですし、香港→マカオの空港からの直行便と同じような予想をしていたのですが、おそらく満席かそれに近い状況だったと思います。
このあたりを踏まえ、あらかじめ時間が決まっている場合は早めにチケットを購入か予約しておいた方が良いかもしれません。

それから、僕が乗ったときはエアコンが効きすぎていて、非常に寒かったので薄い上着が1枚あったほうが無難かもしれません。
入国審査の際に近くに日本人の人がいたのですが、やはり同じようにかなり寒い思いをしたそうです。

チケットはフェリーターミナルですぐに購入できます。
万が一、チケットを購入できなかった場合でもあきらめず足を運んでみると目的の時間のチケットが手に入るかもしれません。
というのは、不要になった人がチケット売り場のすぐ近くで交渉に応じてくれるからです。
歩いていると不要になった人が声をかけてくるので、すぐにわかると思いますが、広東語での会話になる確率が高いので、残念ながら日本人にはあまりおすすめできない方法です。

チケット代は時間帯と曜日で変更になります。
平日の昼間はエコノミーで142HK$、週末と祝日は154HK$、夜間は176HK$です。
夜間の時間帯には17:45〜6:30の間に運航されるフェリーが該当します。
上記はマカオ→香港の料金です。
逆に香港→マカオはそれぞれから1HK$を引いた金額になります。
マカオ発の場合は出国の際の金額が含まれているので、1HK$割高になっています。

フェリーターミナルには運行時間の10分前に到着しても十分間に合いますが、30分程度早めに行く方が良いでしょう。

それぞれの便の待合室(小さな売店とテレビがあります)がありますので、そこで待てばさほど苦になりません。
僕が行った時は、なぜか朝の3時なのに仮面ライダーを放送していました。


posted by macau_casino at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。