2005年05月29日

モンテの砦(大砲台)

マカオのほぼ中心に位置するこの砦は、イエズス会修道士によって1617年〜1626年に聖ポール天主堂の建築事業の一部として、街を外部からの攻撃から守るために築かれたものだそうです。
現在も22門の大砲が残されており、展望台として解放されているこの空間は迫力があります。

ここで注意して欲しいのは展望台といえども、外壁に落下防止のフェンス類がない場所があるということです。
景観を損ねないためなのかどうかはわかりませんが、危険も伴いますのでご注意ください。
しかしここからのマカオ市街の眺めは最高でした。
今回デジカメを携帯せずにマカオに行った事をここでもっとも強く後悔しました。

砦までは、聖ポール天主堂の脇から丸石を敷き詰めた狭い上り道で徒歩行くことができます。
途中で気功のようなことをやっている人やストレッチやバドミントンなどを楽しんできる人もいて、ハイキング気分で気軽に訪問できる場所で、個人的にはいち押しです。


posted by macau_casino at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。