2005年05月31日

ペンニャ教会

マカオの半島部南端、ペンニャの丘の頂上に建つ教会です。

17世紀前半にカトリック布教の中心として建設され、その後1度建て直されて現在の姿となり、ヨーロッパの田舎町に見かけるような、尖塔と三角の屋根をもつ素朴な美しい教会であるといわれています。

内部には船員の守り神、海の聖人ノートル・ダム・ド・フランスが祀られています。

このペンニャの丘には石畳の道が残り、西欧風の建物も多く並んでいます。
晴れた日にはマカオ市街はもちろん、遠く香港も見渡すことができるそうです。


posted by macau_casino at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。