2005年06月05日

マカオノカジノニュース

昨日のカジノニュースでもとりあげましたが、続々とマカオにはカジノが建設されるようです。
こうなってくると、日本のカジノ解禁まではマカオに1年に2〜3回は行きたくなります。
マカオの新しいカジノのサンズカジノもそうですが、これから新しく建設されるカジノはかなり大きいようですね。
個人的には大きく広いカジノは大好きです。
空きテーブルの確率が高くなりますし、好きな時にテーブルを移動しても時間のロスがなくゲームを続けることができるからです。
マカオは(アジア圏のカジノはどこもそうかもしれませんが・・・)テーブルについている人の後ろからその人のベッティングサークルに便乗して賭けることができますが、僕の場合はできればゆっくりと座って落ちついた感じでゲームしたいので、こういう風潮は賛成です。


マカオ:米MGMカジノホテルが起工、07年開業

発信:2005/06/02(木) 23:50:00

  美高梅金殿超濠股フェン有限公司が澳門(マカオ)の南湾に建設する大型カジノ併設のホテル「美高梅金殿」(MGMグランドマカオ)の起工式が1日、行われた。写真は完成模型を眺める関係者ら。中国新聞社が伝えた。

  MGMグランドマカオは米カジノホテルチェーン大手のMGMミラージュが50%出資して建設するもので、07年後半に完成の予定。客室数は600室。

  ギャンブル用のテーブルを300台、ギャンブルマシンを1000台投入し、先にギャンブルを解禁することを発表したシンガポールに対抗すべく、「国際的な大型カジノ」を目指す。金色に光る波のような外観は、マカオの新たな名所となるだろう。


posted by macau_casino at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カジノニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。