2005年06月04日

マカオのカジノ状況

2005/5/14のFujiSankei Business i. のニュースより、以下の情報が配信されています。
マカオのカジノが増え、選択肢が増えることは嬉しいことです。
実際、今年の3月にマカオに行った時に新しいカジノがいくつか建設されており、かなり大きく派手めの看板も目立っていましたから、来年以降のマカオには楽しみが増えそうです。
次回行くときは、もっと長い期間マカオに滞在してみようかなと思っています。



マカオのカジノ戦争が激化、相次ぎラスベガス勢が進出

続きを読む[ここからはニュース記事の転載]


posted by macau_casino at 23:31| Comment(1) | TrackBack(0) | カジノニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

AGE2005開催地はマカオ

今日、以下のサイトを発見しました。


アジア圏最大級のカジノ博覧会「アジアゲーミングエキスポ2005」が、2005年6月14日、15日に中華人民共和国マカオ特別自治区にて開催されます。世界のカジノ最新動向と、近年成長著しいアジア最大のカジノ都市「マカオ」を肌で感じながらお楽しみください。

日時;2005年6月14日(火)〜6月15日(水)
開催時間;9:00am〜5:00pm
会場;マカオタワーコンベンションセンター
(中華人民共和国 マカオ特別行政区)

Asian GAMING EXPOAGEは昨年6月にシンガポールでスタートしたアジア圏最大のカジノの祭典です。
世界の様々なカジノ関連機器を展示する展示会と、最新のカジノ動向をテーマ とするシンポジウムから構成され、アジア圏の様々なカジノ合法地域から参加者が 集まります。
その参加者もカジノ運営企業、カジノ関連機器メーカー、また業界を規制する公官庁や各種メディアまで、幅広い専門家達が集合する事でも注目されています。
今年は参加者、出展企業ともに倍増し、イベント全体がパワーアップしております。
今後、益々注目のあつまるAsian Gaming Expoにふるってご参加ください。
−「ここまでの内容はAsian Gaming Expoのサイトより転載しました」

詳細はこちらのサイトからどうぞ


ちょうど、前々日までマレーシアのゲンティンでカジノを興じている予定になのですが、チケットを手配する段階でこの情報を知っていたらおそらく行き先はマカオにしていたと思います。
残念なことですが、ランドカジノは今年からはじめたばかりなので、これから勉強プラス情報収集を継続していかないといけないなと思いました。
posted by macau_casino at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | カジノニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エッグタルト

日本でも知られているエッグタルトが、マカオではいたるところで購入できます。
セナド広場周辺等の観光地に限らず、ちょっとした商店街でも手に入りますので、お買い求めは容易にできると思います。
外の皮のパリパリとした食感と程よい甘さは癖になりそうなおいしさがあります。

僕が宿泊したホテルのロビーでも販売していましたが、外出から戻るといつも売り切れていて結局ホテルのエッグタルトは購入できませんでしたが、ホテルから数分のところにあったお店で購入して食べましたが、ここでも2日間連続で売り切れていたので、購入される場合はある程度早い時間の方が良いかもしれません。

食べた感想としては、見た感じよりもあっさりした甘さで評判どおりのおいしさだと思います。
posted by macau_casino at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

マカオタワー

南湾湖の西にある338mのタワーで、マカオ市街とタイパ島を見渡せるおすすめの観光スポットです。

驚いたことに天気がよければ、香港の島々も眺めることができるそうです。

中には展望レストランやカフェ、地上216mにあるタワーを囲んだ通路を歩くことができるアトラクションもあり、時間をかけて食べたり遊んだりできます。

基本的に無休で、営業時間は10:00〜19:00(土日祝は9:00〜)、入場料は70HK$です。

狭い街のマカオですが、マカオタワーへの徒歩での移動は多少距離がありますので、タクシー等で訪れる方が良いでしょう。
お天気が良い日にぜひ訪れたい場所ですね。
posted by macau_casino at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

蘭桂坊(ランカイフォン)

マカオ島のウォーターフロントにあるナイトスポットで、お洒落なオープンカフェやバーが建ち並ぶ場所です。

外港の端の方に大きな観音像がありますから、地図がない場合や道をうまく把握できない場合は、この観音像を目印に移動すれば良いでしょう。
なお、この場所への訪問はタクシーの方が良いかもしれません。

カフェやバーは映画や音楽を売りにしているお店もあり、自分の趣味にあったお店に入ることができますから、香港からのでも日帰りで十分に楽しめる場所です。
posted by macau_casino at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。